HOME > 政治コラム「異論正論」 > 高島福岡市長が蔵内福岡県議に接近中?

高島福岡市長が蔵内福岡県議に接近中?


 安倍首相に気に入られていた高島宗一郎市長。安倍首相が自ら首相の座を降りたからか、それとも国際金融センターの誘致を成功させたい一心からか、高島市長が福岡県政のドン、蔵内勇夫自民党県連相談役に接近しているという。

 そもそも2人の距離は近くなかった。高島市長は蔵内県議のライバル的存在の中村明彦県議との距離が近かったためだ。この2人の接近ぶりが注目されたのは、9月2日、大濠公園に新しく誕生した「大濠テラス」でのオープン記念式典のときだった。式典には高島市長をはじめ、小川洋知事や蔵内県議などが出席したが、蔵内県議に出席を働きかけたのは高島市長だった。

 吉松源昭県議会議長が高島市長と個人的に親しく、蔵内県議との“接着剤”になった可能性はある。しかし、高島市長が蔵内県議に声をかけるとは、県政を取材する記者も驚いたようだ。

 高島市長の国政進出への布石か、との憶測する声もあったが、今、接近する理由が分からない。高島市長の真意がいまひとつ掴みきれないのが現状だ。

 高島市長の思惑はどこにあるのか。今後注目である。