HOME > 政治コラム「異論正論」 > 欠席?福岡4区4地域支部合同会議に「宮内衆院議員」招致

欠席?福岡4区4地域支部合同会議に「宮内衆院議員」招致


 週刊文春に端を発した大島産業の施工不良問題で関係が取り沙汰されている宮内秀樹議員が国会で野党から追求されているが、このままでは来たるべき衆議院選挙が戦えないと、宮内議員の足元、福岡4区の4地域の自民党県議や県連支部長が21日、合同会議を行う。この会議に宮内議員を招致し、疑惑に対して説明責任を果たしてもらうとしている。

 この会議開催のことはまたたく間に報道各社が知ることとなり、記者が押し寄せる模様だ。もちろん、本人の弁があるならば誰しも聞きたいはずだ。しかし、肝心なのが宮内議員が果たしてその会議に来るのかどうかだ。

 疑惑を追求されるのは目に見えており、そこでシドロモドロになればますます疑惑は深まる。出席しないのでは、と推測されていたが、案の定、公務で欠席、と伝わってきた。

 宮内議員は、武田良太議員の“お仲間”で反県連派で反主流派。圧倒的多数の主流派(県連派)からの追求がこれで終わればいいのだが、説明しない限り選挙では応援しない、と地元議員たちがソッポを向くと次の選挙はかなり厳しい状況になるかも知れない。