HOME > TOKEI TOPIX > 2020年年間 九州・沖縄地区倒産件数 平成元年以降2番目に少ない件数

2020年年間 九州・沖縄地区倒産件数 平成元年以降2番目に少ない件数


平成元年以降2番目に少ない件数

件数626件 負債総額1,036億5,000万円

2020年年間(1月~12月)の九州・沖縄地区の企業倒産(負債総額1,000万円以上)は626件と、前年より62件(9.0%)減少した。倒産件数は過去10年で最も少なく、平成元年以降でも2番目に少ない件数となった。企業倒産は2014年以降、600件台で推移しており、下げ止まりの感がある。これは負債総額も同じで、2020年は過去10年間で最も少なかった2019年の889億9,350万円より146億円増加し、1,036億5,000万円となっているが4番目に少なく、2014年以降は多少の上下はあるものの横ばいで推移している。

前年比 件数 62件(9.0%)減 2019年 688件
負債 146億5,650万円(16.4%)増 2019年 889億9,350万円