HOME > TOKEI TOPIX > 長崎スタジアムシティプロジェクト 優先交渉権者選定

長崎スタジアムシティプロジェクト 優先交渉権者選定


(株)ジャパネットホールディングスのグループ会社でスポーツ・地域創生事業を担う(株)リージョナルクリエーション長崎が企画・運営を行う三菱重工長崎造船所幸町工場跡地活用事業、「長崎スタジアムシティプロジェクト」において、実施設計者および施工予定者の優先交渉権者を選定した。業者は以下。

【審査結果】
①スタジアム棟・ホテル棟・南商業棟(Ⅰ工区):株式会社竹中工務店
②アリーナ・サブアリーナ棟・エネルギーセンター棟(Ⅱ工区):戸田建設株式会社
③オフィス棟(Ⅲ工区):戸田建設株式会社
④駐車場棟(Ⅳ工区):松尾建設株式会社

【スケジュール】
2020年12月~2021年3月:実施設計者および施工予定者の公募
2021年4月27日(火):優先交渉権者選定
2021年5月:本契約締結(予定)
2022年1月:着工(予定)
2024年:完成目標

所在地: 長崎県長崎市幸町(長崎駅徒歩 10 分)
用途: サッカースタジアム、アリーナ、商業施設、ホテル、オフィス、教育施設、駐車場など
土地面積: 68,746.58 ㎡
事業主:株式会社ジャパネットホールディングス
企画運営:株式会社リージョナルクリエーション長崎
基本設計者:株式会社環境デザイン研究所・株式会社安井建築設計事務所
プロジェクトマネジメント:ジョーンズ ラング ラサール株式会社および JLL モールマネジメント株式会社
コンストラクションマネジメント:株式会社三菱地所設計