HOME > 政治コラム「異論正論」 > ドロドロしはじめた「宮若市」県議補選

ドロドロしはじめた「宮若市」県議補選


 塩川英敏県議の辞職にともない、今月27日に県議補選の投開票が行われるが、保守分裂の様相を呈してきた。

 候補者は山本幸三元大臣の秘書、花田尚彦氏と宮若市の市議、川口誠氏。

 花田氏は鞍手郡小竹町出身で、川口氏は旧宮田町町議時代からのベテラン。有権者は宮若市の方が多く、地の利から言えば川口氏が有利のように見えるが、宮若市では、旧宮田町、旧若宮町の間でも主導権争いがあるなど、排他的な地域でもあり、一枚岩ではない。

 花田氏も辞職した塩川氏から応援を受けていることを考えると、五分五分といえる。

 宮若市に限らず、次期衆院選でもすでにいくつかの選挙区で保守分裂となっており、もはや保守分裂は全国的な傾向となっている。強力なリーダーが不在だからか、それとも自民分裂の危機にあるのか。今後を注目したい。