HOME > TOKEI TOPIX > 2021年5月度、九州・沖縄地区倒産集計 ~6ヶ月連続50件以下~

2021年5月度、九州・沖縄地区倒産集計 ~6ヶ月連続50件以下~


件数43件  負債総額89億8,500万円
前年同月比 件数 6件増 16.2%増 (2020年5月) 37件
負債 10億2,800万円 10.3%減 100億1,300万円
前月比 件数 14件増 48.3%増 (2021年4月) 29件
負債 51億5,000万円 134.3%増 38億3,500万円
◆倒産件数は43件で、昨年12月から6ヶ月連続で50件を下回っている。特に福岡県の件数がわずか14件、これは5月度で歴代過去最低。
 
◆負債額は89億8,500万円で、50億円を上回ったのは今年3月ぶり。今月度は福岡県の負債額7億6100万円とその少なさが目立っており、10億円を下回ったのは2019年8月ぶり。
 
◆コロナ禍において依然としてサービス業の倒産件数は多く、全体の27.9%と最も多いが、今月度は建設業の倒産も多く、サービス業と同じ27.9%を占めている。建設業の倒産が25%を超えたのは2019年11月ぶり。
 
◆コロナの影響により、不況型倒産である受注不振が全体の約8割に上っている。