HOME > TOKEI TOPIX > 政界周辺が騒がしい 横浜IR怪文書&公明党議員家宅捜索 

政界周辺が騒がしい 横浜IR怪文書&公明党議員家宅捜索 


 連日、政界が騒がしい。

 昨日、3日は横浜IRに関する怪文書がマスコミ関係者に流れた。「小此木八郎氏 横浜市長選出馬の真相と現状」というもので、内容はざっくり説明すると、小此木氏の出馬のウラには菅首相の横浜IRに関する疑惑があり、その疑惑の火消しのために小此木氏が出馬し、企業には彼を応援するよう補佐官が恫喝したというもの。

 疑問符のつく内容ではあるため、到底鵜呑みにできるものではない。しかし、この怪文書や内容が一気に広まったのは事実だ。週刊誌がそれを記事にするらしい、という尾ひれまでついていた。

 そうすると、今日4日、公明党議員の議員会館に東京地検特捜部のガサが入ったという情報がかけめぐった。読売新聞によると、秘書2人が貸金業の登録をせずに行われた融資の仲介に関与した疑いがあったという。

 今年は総選挙が行われる。ただでさえ政府の新型コロナへの対応に国民の不満が募っているのだ。政権与党に関するスキャンダルは菅首相も頭が痛いに違いない。