HOME > 政治コラム「異論正論」 > 岸田新総裁の人事に安倍元首相は怒り心頭!?

岸田新総裁の人事に安倍元首相は怒り心頭!?


 岸田新総理が誕生したが、この新政権は報道にある通り、安倍・麻生元首相コンビがおぜん立てしたといっても過言ではない。

 党内人事や閣僚人事を一見すると、安倍・麻生元首相の派閥を優遇した布陣となっているが、安倍元首相はたいそう不満なのだとか。

 ひとつは福田元首相の息子である達夫氏の総務会長抜擢だ。安倍首相は「まだ若いんじゃないか?」と遠回しに変更を打診したが岸田氏は押し切った。総裁選のの時、福田氏は安倍氏の“高市推し”を拒否して“岸田推し”を通した人物。官房長官に抜擢された松野博一も同様だ。細田派で安倍元首相言うことを聞いて高市氏に票を入れた人よりも、岸田に一票を投じた議員への厚遇が目立ったのだ。

 また、安倍氏が要求した萩生田光一氏の官房長官起用も見送れらた。萩生田氏は自ら官房長官を断ったという話もあるが、安倍氏は周辺に不満を漏らしている。

 麻生派の甘利明氏が幹事長に就いたことから、安倍氏の意向より甘利氏、麻生氏に意向が色濃く、細田派より麻生派厚遇が目立っているのだ。

 麻生氏はかねてから大宏池会構想を持っていた。麻生派と岸田氏所属の宏池会との大連合だ。

 安倍氏と麻生氏の盟友関係は今のところ変化はないが、政治の世界は一寸先は闇。大きく変化する可能性がある。