HOME > 地域ニュース > (株)フジコンシステム ~ タブレット型端末の動画ブックシステムを開発

(株)フジコンシステム ~ タブレット型端末の動画ブックシステムを開発


  (株)フジコンシステム(広島市西区横川町1-10-7、藤井 雅文代表、http://www.fujicon-sys.com/)は、タブレット型端末で利用する「動画ブック」システムを開発した。
 アプリケーションソフトウェア等のシステム開発およびテレビ番組やCM、社内報等の映像制作、ブライダル音楽製作等を手掛ける同社。あらゆる国家試験対策に使用できる同対策問題配信システム「WEBもん」や、動画や音声を使用した新しい広告媒体として注目を集めている「3Dデジタルサイネージ」など、次々と自社オリジナル商品も開発し、このたびの動画ブックも様々な分野から注目を集め話題となっている。
 「動画ブック」は、アンドロイド系のタブレットを使用し、本のように目次やページをめくり選択することで次々と動画が再生される仕組み。アプリケーションシステムはタブレット端末に入り、動画データはSDカードを利用するので、容量の問題や、インターネット環境の必要もなく使用できる。
 これまで、動画はDVDやパソコンで持ち運ぶことが主流であったが、タブレット端末では持ち運びも軽く使用面で最適。第一段として、キャタピラー教習所の教習本を製作。従来の教習本は、分厚く、分かりやすさに欠け伝えづらいものであったが、動画にすることにより、操作方法などが分かりやすく説明されており、これまでの教習本とは比にならない内容である。各業界において、次世代への技術継承など問題意識が高まっている環境を背景に、これまで言葉ではうまく伝わらなかったことを解消する、伝承手法向上の一つとして注目されそうだ。
 また今後は、動画ブックを、教習本以外に、取扱説明書やカタログ、卒業アルバムなど、企業向けから一般個人を対象にした商品展開も視野に入れており、幅広い分野へと進出していく方針である。
 なお、動画製作は、素材持ち込み対応の他、同社映像プロスタッフによる撮影も行っており、価格は端末を除き25万円から。


▶ 関連記事