HOME > スタッフブログ > 【番外編】東経広島忘年会 ~ 「としのや」で“府中焼き ”

【番外編】東経広島忘年会 ~ 「としのや」で“府中焼き ”


 広島県尾道市出身の主人公がお好み焼き店を舞台に奮闘するNHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」の放送開始から、お好み焼き店の客足が伸びているとのこと。つまり、朝ドラ効果でお好み焼き業界が熱い!!

 また、今回で第5回目を数えるB級グルメ ブームの火付け役「B1グランプリ ( B級グルメ の頂上決定戦) 2010」、我が広島 からは府中焼き がエントリーし注目を集めました。

 府中焼きは備後・府中市のお好み焼きのこと。豚の三枚肉の変わりにミンチをたっぷりと入れるのが特徴。油分が多いミンチを使用することで、中からジュワっと油が出てきて外側をカリカリっと「焼き揚げる」。子供のおやつとして安いミンチを使った「お好み焼き」が「府中焼き」の始まりと言われています。

 これらの“熱いてっぱん”に乗っかって、我々の今年の忘年会は「てっぱん焼き」となりました。いっぱんのコース料理でしたが、メーンはもちろん「府中焼き」。楽しくおいしく頂きました!!


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース