HOME > 地域ニュース > 広島県 ~ リース方式で太陽光発電システム設置

広島県 ~ リース方式で太陽光発電システム設置


イラスト メガソーラー  広島県(広島市中区、http://www.pref.hiroshima.lg.jp)は、再生可能エネルギー普及拡大に向け、新年度より県有の既存施設屋根にリース方式により太陽光発電システムを設置する。
  設置施設は、西部こども家庭センター(広島市)、西条農業高等学校(広島県東広島市)、東部運転免許センター(広島県福山市)の三施設。  三施設合計147キロワットの規模で、リース期間は10月から平成46年9月までの20年間。リース料の総額は1億0,200万円、売電での収入総額は1億1,000万円を見込んでいる。  リース料は売電収入で賄われ、コストをかけずに再生可能エネルギー普及拡大に努める。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース