HOME > 地域ニュース > 広島駅南口Cブロック再開発事業 ~ 商業施設と超高層タワーマンション【総事業費300億円】

広島駅南口Cブロック再開発事業 ~ 商業施設と超高層タワーマンション【総事業費300億円】


フリーイラスト 握手  広島駅南口Cブロック市街地再開発組合(川崎 雅博理事長)は、広島市南区松原町88の施行区域西側に地下1階地上11階建ての商業棟、東側に地下1階地上46階建て(167メートル)の住宅棟からなる複合施設を着工した。
商業棟には家電量販店のエディオン、スパ&フィットネスのゼクシスが入る他、各種専門店や飲食店などが入る。また、住宅棟は1~4階までは商業店舗が入り、5~13階は賃貸マンション(108戸)、14~46階が超高層分譲タワーマンション(368戸)で、再開発組合の事業パートナーとして、森ビル都市企画(株)を中心とした「ABILITY10」が事業を推進し、広島の玄関口にふさわしい”街づくり”を目指す。完成予定は平成28年12月。総事業費は約300億円(公共施設管理者負担金を含む)。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース