HOME > 倒産情報 > (株)セトウチデリカ ~ 続報/民事再生手続廃止 保全管理命令を受け破産手続へ移行

(株)セトウチデリカ ~ 続報/民事再生手続廃止 保全管理命令を受け破産手続へ移行


倒産 会社くん困る所在地 愛媛県今治市富田新港1-2-5
設 立 平成11年6月
資本金 835万円
代表者 藤田 浩一
業 種 惣菜製造

特別情報中国版No.5840号他で経営難を既報し、平成26年5月30日 松山地裁今治支部に民事再生手続開始を申し立てた当社であるが、再生計画の遂行が困難となり、平成28年3月23日 同地裁より民事再生手続の廃止および保全管理命令を受けた。今後は、裁判所の職権により破産手続へ移行される見通し。なお、保全管理人には、越智顕洋弁護士[一番町法律事務所, 愛媛県松山市一番町2-5-20, 電話089-961-1447]が選任されている。

当社は、上記年月に設立された惣菜製造会社。元・(株)加ト吉(現・テーブルマーク(株))の関連会社(株)ダイカイフード[大阪市浪速区, 金本誠一代表]が買収した(有)セトウチフーズ[愛媛県今治市]のコンビニ及びスーパー向け弁当・惣菜販売部門を分離独立し設立されたもので、平成15年9月に(有)セトウチフーズの事業全般を継承して製造業にも着手した経緯にある。(株)ダイカイフードの完全子会社として展開し、平成15年5月期には41億40百万円内外の売上高を計上。平成18年7月に子会社であったベストクックを吸収合併し経営合理化を図った。

しかし、平成19年4月に、(株)加ト吉が巨額の架空売上を計上していたことが発覚し同社の対外的信用は失墜。当社も(株)ダイカイフードを含み(株)加ト吉と関係が深かったため、注目を集めていた。

その後、平成23年6月に、資本金を1億6,700万円まで増資し、大手流通業者向けの冷凍食品のOEM供給などにも着手し業容を拡大。平成24年6月期には56億円内外の売上高を計上したが、これまでの積極的な設備投資を抱える中で、取引先からの値下げ要請に加え、競争激化による採算性の低下も重なり、業況が悪化。資金繰りが逼迫し、平成25年2月頃には仕入先に対して支払延期要請を実施したほか、チルド・冷凍加工食品を製造していた広島工場を閉鎖。金融機関や愛媛県中小企業再生支援評議会に支援要請を行った。

そのような中、平成25年12月に、当社および代表、前代表が消費税法違反罪と地方税法違反罪で松山地裁に起訴され、実刑判決を受ける事態が発生。社会的信用も大きく失墜し、事業継続は困難となり、平成26年5月30日 負債41億5,728万円で民事再生手続開始を申し立て、平成27年8月に再生計画認可確認を受けていたが、以降も業績回復には至らず、財務内容は平成27年6月期で利益剰余金▲39億1,211万円、自己株式▲1億1,200万円の欠損状態で、平成27年12月には資本金を1億6,700万円から835万円にまで大幅に減資するなどしていたが、遂に行き詰ったもの。

特別情報ほか弊社 各商品の詳細や、会員申込みなどについては、東京経済(株)広島支社 E-mail hiroshima@tokyo- keizai.co.jp TEL 082-536-0777 までお問い合わせください。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース