HOME > 地域ニュース > もみじ銀行 移動店舗車「カープV号」運用開始

もみじ銀行 移動店舗車「カープV号」運用開始


もみじ銀行(小田宏史頭取)は、昨年25年振りのリーグ制覇を果たした広島東洋カープの常勝と地域の発展に願いを込めた移動店舗車「カープV号」の運用を、3月8日のカープオープン戦(VS埼玉西武ライオンズ)から開始した。同日の試合開始前にカープV号の出動式を広島東洋カープ室内練習場(MZDA Zoom-Zoom スタジオ西側)駐車場にて除幕式がとり行われた。3月は、8日の西武ライオンズ戦を含め、3月12日に賃貸住宅シャーメゾンフェスタ、3月16日にザ・ビッグ庄原店駐車場等々、9つのイベント、会場にて「カープV号」の営業を行なう。

「カープV号」は、マツダの3tトラックで、外観は広島東洋カープとのコラボレーションによる、親しみのある「カープ坊や」をデザインし、車内にはATMや窓口業務に必要な機器が搭載されている。移動する新しい店舗として、地元で開催される様々なイベント会場や商業施設などに出動し、地域を盛り上げていく考えだ。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース