HOME > 地域ニュース > 「宇品天然温泉ほの湯」で水素風呂の実証運用

「宇品天然温泉ほの湯」で水素風呂の実証運用


中国電力㈱(広島市中区)のエネルギア総合研究所(平野 正樹所長)は、風呂用水素水生成装置の開発・実用化に取組んでいるが、同社グループの㈱エネルギアL&Bパートナーズが運営する「宇品天然温泉ほの湯」(広島市南区)で,4月6日より実証運用を開始した。

水素水生成装置とは,水を電気分解して水素水を生成するもので、今般、開発した風呂用水素水生成装置は,中国電力が特許を持つ特殊な電極を用いて電気分解を行うことで,ナノバブル状の粒径の小さい水素を効率よく,長時間にわたり水素風呂に溶存できるという特徴を持つ。同装置を設置することで、温浴設備を保有する施設などにおいて水素風呂を提供することが可能となるという。水素風呂は、入浴することで保温などの温浴効果があるとされ,また医療面での効果などについても現在様々な研究が進められている。

実証運用では,「宇品天然温泉ほの湯」の施設内に本装置を設置して,男湯,女湯それぞれの一部浴槽(壺風呂)に水素水を供給し,装置の長期安定運転の確認や利用者の評価などを把握することで、採算性や装置の適用・応用先の拡大などのビジネスモデルについても,併せて検討していく構えだ。

◇宇品天然温泉ほの湯 広島市南区宇品東三丁目4-34 ※装置の運転は平成29年12月末までの予定。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース