HOME > 地域ニュース > ダイヤモンドダイニングが商業藝術を買収へ

ダイヤモンドダイニングが商業藝術を買収へ


4月27日、㈱ダイヤモンドダイニング(東京都 東証一部)は、㈱商業藝術(広島市中区 ※代官山本社 東京都渋谷区)の発行済全株式を取得し、子会社化する事を発表した。

㈱商業藝術は、平成5年1月に代表貞廣一省氏が設立。広島市にて斬新でスタイリッシュなカフェや和食店を次々とオープンさせ、12年に東京都へ進出。貞廣代表は日本テレビで放送されたテレビ番組「マネーの虎」に投資家として出演し その名を全国区として一躍 時の人に。全国各地で多店舗展開を図り、17年には広島マリーナホップに隣接する形で結婚式場「CASA FELIZ(カーサフェリス)」を開設。余念のない事業拡大で、現在、飲食直営80店舗、結婚式場1店舗、美容室2店舗の合計83店舗を運営している。業容拡大に伴い、28年9月期に76億1,625万円の売上高を計上するまでに伸展した。※画像は、今年3月に広島市中区袋町にオープンしたモダーン・スパニッシュレストラン「dali」

㈱ダイヤモンドダイニングは、双方が持つブランド及びこれまで培ってきた業態開発ノウハウ、立地戦略、教育システム、管理システム等を共有、活用する事のシナジー効果に加えて、「中国地方での直営飲食店の展開」及び「商業施設等でのノンアルコール業態」を強みとした㈱商業藝術がグループに参加する事で、エリア展開領域の拡大、事業領域の拡充も図れる見込みとしている。

※関連記事は、4月28日発刊の特別情報広島版にも掲載。

 

 


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース