HOME > 地域ニュース > 「広島銀行新本店ビル」建築計画届け

「広島銀行新本店ビル」建築計画届け


今年3月に広島銀行(広島市中区)の新本店ビルの建設計画が発表されていたが、10月2日、その中高層建築物の標識設置届けがなされた。

建築計画によると新本店ビルは、鉄骨造19階建て高さ94.87メートルの高層ビル。本店棟と駐車場棟の2棟からなり、延べ建築面積は47,500m。平成31年1月の着工予定

平成33年1月の竣工予定。広島市中区中心地にはオフィスビルの建設が相次いでおり、今年11月には、広島電鉄㈱と日本生命の共同による「スタートラム広島」(広島市中区八丁堀)が完成する他、7月に三菱地所㈱が、「新広島ビルディング」(広島市中区幟町 平成31年10月竣工予定)、8月には損害保険ジャパン日本興亜㈱「(仮称)損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」(広島市中区紙屋町 平成31年10月竣工予定)の建築届けを行なっている。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース