HOME > 地域ニュース > ひろでん会館5月7日から解体工事開始

ひろでん会館5月7日から解体工事開始


広島電鉄㈱(広島市中区 椋田昌夫社長 東証2部)は、老朽化のために3月31日までに閉館した「ひろでん会館」(広島市西区己斐本町)の解体工事が5月7日から開始する事を明らかにした。工事完了予定は、来年6月を予定している。

ひろでん会館は、スーパー「マダムジョイ己斐店」を核店舗としたショッピングセンター。JR西広島駅前の広電「西広島駅」に隣接、広電宮島線のターミナル駅広電西広島駅に併設するデパートとして広電興産㈱(現 広電ストア㈱)開業した。しかし、築53年が経過し、施設の老朽化や耐震不足などの理由により解体に踏み切るもの。西広島駅は今後、アストラムラインが延伸する計画があり、ひろでん会館跡地用も注目されている。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース