HOME > 地域ニュース > イズミ セブン&アイ・ホールディングスと業務提携

イズミ セブン&アイ・ホールディングスと業務提携


4月5日、㈱イズミ(広島市東区 山西泰明社長 東証一部)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを傘下に持つ㈱セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区 井阪隆一社長 東証一部)と西日本地域における店舗の共同運営、共同出店、仕入の統合や輸入品・地域産品等の共同調達等に関しての業務提携合意書を締結した。㈱イズミの発表によると「同一の業態でありながら地理的に補完関係にあり、マスメリットの獲得やドミナントの拡充に向けて実効性のある多くの取組みが可能なものと想定される他、日本有数の小売チェーンである7&iグループとの広範な取組みにより、有形無形の様々な効果も期待される」としている。また、現在、イトーヨーカ堂が運営する福山店については、その営業を㈱イズミが継承する。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース