HOME > 地域ニュース > ひろしま産業振興機構の商談コーナーC-LOUNGEとは?

ひろしま産業振興機構の商談コーナーC-LOUNGEとは?


(公財)ひろしま産業振興機構(広島県立広島産業会館指定管理者 )は,県立広島産業会館のホームページに、昨年新設した商談コーナー「C-LOUNGE(シーラウンジ)」を紹介するコンテンツを追加した。

「C-LOUNGE」は、展示会終了後の商談やミーティングに利用できる喫茶コーナーで、コーナー入口の「C-LOUNGE デザインギャラリー」には,県内在住のデザイナーによるデザイン性に優れた製品・作品を展示して、企業とデザイナーの出会いの場を提供している。

西展示館ロビーの「広島BOX~メイド・イン・ひろしまギャラリー~」では、県内企業が取り組む“イノベーションの成果”である製品を展示し、「C-LOUNGE デザインギャラリー」では,イノベーションを生み出す「デザイン」に注目した展示を行っている。県内企業と県内で活躍するデザイナー・クリエイターとをつなぐ場として、「デザインギャラリー」の展示(アーカイブを含む)をインターネットでも閲覧できるようコンテンツを追加した。

C-LOUNGEは、展示会終了後の商談・ミーティング以外でも、少人数(30人程度)のイベント等にも喫茶・食事代のみで利用が可能である。今年1月には、C-LOUNGEにおいて,「第2回 広島BOX・クリエイティブカフェ」を開催された。

「広島BOX~メイド・イン・ひろしまギャラリー~」の第4期展示に出展中の企業と県内デザイナー・クリエイターなど約40名が参加し、デザイン面から新製品開発に取り組んでいる二人のゲストを迎えての講演(※1)も行なわれた。

尚、「C-LOUNGE の「C」は、Communication(コミュニケーション)、Creative(クリエイティブ)、Collaboration(コラボレーション〉、Comfort(コンフォート)の4 つの言葉の頭文字をイメージしている。

※1

(1)「伝統的産業とブランド視点」

講師:(株)地域デザイン研究所 プランナー 清水 早苗 氏

伝統工芸3社(熊野筆の仿古堂、仏壇細工の栄光工芸、紙布の津島織物)が抱える各々の課題を一つのプロジェクトで解決すべく、クリエイター3社(INTUS、ハンクラデザイン、フジモトデザイン)とのコーディネイトを進めて、市内百貨店等のバイヤーがイメージする女性顧客層やインバウンド客をターゲットとする新商品の開発を進めている。

(2)「キミのつくえ」プロジェクト

講師:(株)地域デザイン研究所 アートディレクター 納島 正弘 氏

府中家具の(株)トイロ(家具の里)が自社の企業価値醸成のため取りくんだCSR活動「キミのつくえ」プロジェクトを「モノ×コト」事業として構築し、(公財)日本デザイン振興会のグッドデザイン賞、キッズデザイン賞、ジャパンウッドデザイン賞の3賞を受賞するなど高い評価を得た。トイロも「キミのつくえ」プロジェクトを契機に、他製品の販売額も増えるなど、ブランディングとマーケティングの相乗効果を上げている。

 

◇(公財)ひろしま産業振興機構

広島県立広島産業会館 本館 1F 広島市南区比治山本町12-18

電話 082-253-8111

広島県立産業会館ホームページ http://www.hiwave.or.jp/kaikan/

C-LOUNGE コンテンツ http://www.hiwave.or.jp/kaikan/clounge/


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース