HOME > 地域ニュース > 「ホテルインターゲート広島」開業

「ホテルインターゲート広島」開業


フジサンケイグループのデベロッパーの(株)サンケイビル(東京都千代田区 飯島一暢社長)は1月15日、「ホテルインターゲート広島」(広島市中区、客室数233室)を開業した。同社のホテル開発事業は、「ホテルインターゲート京都 四条新町」、「ホテルインターゲート東京京橋」に続く第3弾。

同ホテルは中国地方有数の繁華街である八丁堀地区に位置し、デパートや大型商業店舗等が建ち並ぶ八丁堀交差点から北方すぐの場所で、広島電鉄「八丁堀」電停より徒歩3分の距離。土地面積1,018.23平方メートル、延床面積9,160.15平方メートル、鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造地上14階建て。客室は専有面積18平方メートル台~44平方メートル台。シングル55室、ダブル85室、ツイン90室、ジュニアスイート3室を用意した。最上階14階にはラウンジにテラス席を設け、こだわりのコーヒーや朝食を提供する。ホテル運営は、グループ会社である㈱グランビスタホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)が行なう。

尚、同ホテル近郊には、(株)サンケイビルとJR西日本不動産開発㈱(兵庫県尼崎市 柴田 信社長)が共同で開発を進めた広島八丁堀NKビル(カンデオホテルズ広島八丁堀)があり、同ホテルは昨年2月にグランドオープンしている。

 

■物件概要

(1)所在地:広島県広島市中区鉄砲町5番16号

(2)土地面積:1,018.23㎡

(3)建築面積:741.32㎡

(4)延床面積:9,160.15㎡

(5)建物構造等:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造地上14階建

(6)客室数・構成:233室、18㎡台~44㎡台

シングル55室、ダブル85室、ツイン90室、ジュニアスイート3室

(7)竣工:2018年10月31日

(8)開業:2019年1月15日

(9)アクセス:広島電鉄「八丁堀」電停より徒歩3分

 


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース