HOME > 地域ニュース > ツルハグループ 広島中央薬局を傘下へ

ツルハグループ 広島中央薬局を傘下へ


1月23日、㈱ツルハホールディングス(東証一部 札幌市東区 堀川 政司社長)は、子会社の㈱ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本(広島市西区 村上正一社長)が、2月19日付で㈱広島中央薬局(広島市中区 佐々木実社長)を買収することを明らかにした。

ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本は、ドラッグストアの「ウォンツ」、「ウェルネス」を中国・九州地区に 280 店舗(12月15日現在)を展開し、ツルハグループの同地域における中核企業として積極的な店舗展開を行なっている。一方の広島中央薬局は本店(広島市中区立町)と古江店(広島市西区庚午中)に2店舗を展開しており、平成30年3月期の売上高は4億2,000万円をあげていた。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース