HOME > 地域ニュース > 横川駅近郊に有料老人ホーム建設へ

横川駅近郊に有料老人ホーム建設へ


広島市西区横川新町に「(仮称)ケアホームハピネス横川」として住居戸数34戸からなる有料老人ホームの建設計画が進行中だ。建設場所は、JR横川駅近郊、長崎病院近くの横川新町交差点そば。

事業主は広島市や東広島市で介護付有料老人ホームやサービスき高齢者向け住宅等の介護施設を運営する㈱病因Seiwa(広島市安佐南区山本新町)のグループ会社の㈱One Heart(広島市安佐南区山本新町)。建設計画によると敷地面積354.12㎡、鉄骨造7階建てで、建築延べ面積1,744.16㎡。2019年4月1日の着工予定で、2020年2月28日の竣工を予定している。設計は田原泰造建築設計事務所(広島市中区)。施工は未定。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース