HOME > 地域ニュース > 第一交通産業、広島合同タクシーを子会社化

第一交通産業、広島合同タクシーを子会社化


2月4日、第一交通産業㈱(北九州市 田中亮一郎代表)は、連結子会社の第一交通サービス㈱(北九州市、吉積久明代表)が、2月4日付で(有)広島合同タクシー(広島市東区中山西、山下等代表)の全発行済株式を取得し子会社化したことを発表した。これにより、タクシー18台が増加することで、広島県内においては既存のグループ会社3社237台と合わせて4社255台となり、グループ全体のタクシー保有台数は8,319台となった。

同日付で、(有)広島合同タクシーの第一交通(有)に商号変更し、代表には、荒木浩幸氏が就任している。


▶ 関連記事