HOME > スタッフブログ > マンション・ホテルなど広島駅北口近郊に相次いで建築届け

マンション・ホテルなど広島駅北口近郊に相次いで建築届け


JR広島駅北口(新幹線口)近郊に相次いで建築計画届けがなされた。8 月1 日、㈱マリモ(広島市西区)、三菱地所レジデンス㈱(東京都千代田区)、鉄建建設㈱(東京都千代田区)の3 社による「広島市二葉の里一丁目計画」とした19 階建て・126 戸の分譲マンション計画である。

広島駅北口から西へ徒歩約5 分、㈱イズミ本社前付近の「広島パレスビル」跡地に建設される。同マンションより更に広島駅に近い中国ジェイアールバス㈱本社跡地には、JR西日本不動産開発㈱(大阪市北区)が、「JR広島北西NKビル開発計画」として10 階建てのホテル(一部飲食店)の建設計画を進めている。ホテル「ヴィアイン広島新幹線口(仮称)」として稼働する予定で2020 年春のオープンを目指している。建設地は、大和ハウス工業㈱(大阪市北区)が建設中の地上20 階の複合ビル「広島二葉の里プロジェクト」の前。

東区光町2 丁目には、2 件の建築計画届けがなされた。8 月20 日に、賃貸マンション建設では豊富な実績を持つ広島八谷建設㈱(広島市西区)による13 階建て・48 戸の賃貸マンション、9 月4 日には、グループで建設コンサルタント事業を展開する㈱FCホールディングス(福岡市博多区)による㈱福山コンサルタント中国支社の建築工事の届けがなされている。

広島駅北口(新幹線口)周辺エリアでは、土地区画整理事業「広島二葉の里地区まちづくり」が行われ、さまざまなプロジェクトが進められており、その中でも最大規模である「(仮称)広島二葉の里プロジェクト」(地上20 階建てのオフィス・ホテル・商業施設の複合ビル)が平成31 年3 月に竣工する予定。また、JR西日本広島支社の移転による跡地再開発も構想されており、このエリアの更なる活性が期待されている。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース