HOME > 地域ニュース > シティライフ、煙の出ない焼肉グリル販売開始

シティライフ、煙の出ない焼肉グリル販売開始


健康及び環境関連用品の販売を行っている㈱シティライフ(本社:広島市西区、柳矢 和彦社長)は、1月30日に新商品として煙の出ない家庭用焼肉グリル「エーワングリル」の販売を開始した。韓国のメーカーが製作期間2年間をかけて商品化したもので、シティライフが日本国内での独占販売を担え、今後、台湾やシンガポールでの販売も行う計画を持っている。

エーワングリルの最も大きな特徴は調理の際に発生するニオイと煙と油蒸気が吸入装置(特許出願102017 0029998号)によって抑えられ、従来のホットプレートを自宅内で使用した際のニオイや汚れ等への不安を解消する。コアンダ・エアガイド(煙、油を油受けまで送る誘導装置)、オイルフェンス(グリル本体の汚れ防止)、吸入ファン(低騒音、高速回転のBLDCモーター)の独自技術を活かし様々な工夫が施されている。

食品をより美味しく焼けるように、既存商品よりグリルプレートが少し厚くなっているのも特徴。また、グリルプレート、オイルフェンス、油受けの分離洗浄が出来、後片付けも簡単に行える。時代に即した形で、一人用、二人用のグリル商品の需要にも対応を行っていくとされる。エーワングリルで家庭の団欒が増えていく一助になればとも担当者は思いを込める。

※エーワングリル http://a-one-grill.com/


▶ 関連記事