HOME > 地域ニュース > 天神川駅近くに39戸の分譲マンション計画

天神川駅近くに39戸の分譲マンション計画


広島市東区矢賀新町4丁目、JR山陽本線・天神川駅近くに39戸の分譲マンション「仮称・ラルステージ天神川駅前」の建築計画が進められている。建築主は、ラルステージのマンション分譲を展開する㈱リバックス(広島市中区中町)。現在、「ラルステージ愛大附属前」(愛媛県松山市 27戸)、「ラルウェンディ新椋野」(山口県下関市 36戸)のマンション分譲を展開しているが、広島市での分譲は今年2月に竣工したラルステージ十日市(広島市中区 56戸)以来となる。建築計画によると敷地面積1,327.12㎡、鉄筋コンクリート14階建てで、建築延面積は3,408.34㎡。令和2年3月中旬の着工、令和3年8月中旬の竣工を予定している。設計は㈱ニュートピアプランニング、施工は未定。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース