HOME > 地域ニュース > 廣文館金座街本店跡地にダイソーが出店へ

廣文館金座街本店跡地にダイソーが出店へ


5月10 日までに閉店した書籍店の廣文館金座街本店跡地に100 円ショップのダイソー広島金座街店が6 月末にオープンする予定だ。建物シャッターには、ダイソーの新コンセプトである「だんぜん!ダイソー」を発信する新店舗のポスターが貼られている。

廣文館金座街本店は、㈱廣文館(法人番号:124000105391、広島市中区本通1-11)が、会社分割により㈱広文館(法人番号2240001003372、広島市中区本通1-11)から継承した店舗のひとつ。㈱広文館は大正4 年の創業、昭和23年11月の設立。多店舗展開により広く知名度を有する書籍店であったが、業界の構造的な環境悪化の影響を受け慢性的な経営不振が続き、平成29 年10 月期には過去の損失を一気に処理する形で多額の最終赤字を計上。財務も30 億円を超える債務超過に転落し、経営難が表面化していた。再建を目的にグループ会社を整理するとともに、出版取次大手の㈱トーハン(東京都新宿区)の支援を得て、会社分割による事業承継を選択。平成30 年11 月19 日付で別途㈱廣文館(広島市中区)を設立し、同日付で㈱廣文館に対して事業を分割。平成30 年12 月7 日付で㈱トーハンおよび他2 社が㈱廣文館に対して発行済株式譲受および第三者割当増資引受に伴い出資し、トーハン子会社として再スタートを切る形となった。従業員の雇用は新会社で継続し、本通りの金座街本店不動産も新会社の㈱廣文館へ移管。㈱広文館は4 月24 日、広島地裁より特別清算手続開始決定を受け債務整理に踏み切っている。ダイソー広島金座街店は、㈱廣文館より建物の賃貸を受け営業を開始する。広島金座街店の東に約200メートルに広島えびす通り店、西に約100メートルに広島本通店、西に約500メートルには広島サンモール店が営業しており、広島金座街店がオープン後、紙屋町・八丁堀地区で4店舗体制の営業となる。なお、㈱廣文館は金座街本店を閉店したが、フジグラン広島店、新幹線店など広島県内11 店舗で営業を行っている。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース