HOME > 地域ニュース > JR西日本プロパティーズによる賃貸マンションプロジェクト

JR西日本プロパティーズによる賃貸マンションプロジェクト


JR西日本プロパティーズ㈱中国支社(広島市西区)による賃貸マンションプロジェクトが始動している。JR西日本プロパティーズ㈱(本社 東京都港区)は、三菱重工業グループであった菱重ファシリティー&プロパティーズを平成28年にJR西日本が連結子会社化し、その後、JR西日本プロパティーズ㈱(本社 東京都港区)に社名変更したもので、同社の広島地区のルーツは広島菱重興産㈱となる。

JR西日本プロパティーズ㈱中国支社となり、ジェイグランディア府中向洋(安芸郡府中町 284戸)、プレディア中広町(広島市西区 58戸)と広島地区での分譲マンション事業を開始しているが、今回は広島市中区十日市町1丁目、広電十日市電停(上り)近くにおいてワンルーム形式56戸から成る「十日市町賃貸ママンション開発」の建設計画が明らかになった。建設計画によると、敷地面積300.63㎡に鉄筋コンクリート造15階建て、建築延面積は1,762,44㎡。着工は7月20日、竣工は令和4年2月28日を予定している。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース