HOME > 企業紹介 > 医療法人社団八千代会

医療法人社団八千代会


~「医療と介護は究極のサービス業」という信念のもとに、八千代会の基本理念である“もてなしの心”を実践する~

医療を母体に、介護事業で躍進を続ける医療法人社団 八千代会。平成4年5月に八千代病院を開設し、150床でスタートした病床は、今日までに医療療養病床280床、介護療養病床231床の計511床まで増加し、県下でも有数の介護療養型医療施設として、広島県安芸高田市では必要不可欠な病院へと成長を遂げた。近年では、有料老人ホーム事業、高齢者専用賃貸住宅事業など介護分野へ進出し、八千代会グループとして積極的な事業展開を図っている。

八千代病院

緑に囲まれた四季折々の変化を感じていただける最適な自然環境の場に立地、理念である“おもてなしの心”をモットーに、患者様本位のサービスを提供し、信頼できる安全な医療・介護を実現。リハビリスタッフや薬剤師、管理栄養士、医療相談員といったコメディカルスタッフと協同し、アメニティの向上に努めている。地域の病院や医師会との連携を密にし、地域医療に貢献する方針にある。

(施設概要)
開設年度:平成4年5月
所在地 :広島県安芸高田市八千代町勝田448
代表者 :姜 仁秀
院長  :伊村 郁夫
診療科目:内科、放射線科、リハビリテーション科
診療時間:平日午前9:00~12:00、午後1:30~5:00(休診日:土・日・祝日)
病院種別:医療保険病棟 療養病棟入院基本料2
療養型介護療養施設サービス[Ⅰ]
許可病床数:511床(療養型病床280床、介護療養型病床231床)

介護付有料老人ホームメリィハウス


終の棲家となりえる存在として、メリィハウス西風新都及びメリィハウス八千代をオープン。
最高の住環境の中、行き届いた介護サービス、心のこもったお食事を提供し、八千代病院で永年培ってきたノウハウを活かしている。
“ご入居頂きます皆様に喜んでいただけるサービスとは何か”この課題に職員一同取組み、プロフェッショナルなおもてなしの心を実践してまいります。

(施設概要)
メリィハウス西風新都
所在地:広島市安佐南区大塚西3丁目2-9
電話 :0120-652-753/082-849-2750
FAX:082-849-2754
居室数:戸室478室 2人部屋2室
交通 :広島電鉄バス「花の季台」・「こころ団地」行き「Aシティ中央」下車徒歩3分

メリィハウス八千代
所在地:広島県安芸高田市八千代町勝田459
電話 :0800-888-6508/0826-52-7878
FAX:0826-52-7733
居室数:320室
交通 :バス 吉田線「勝田」下車徒歩15分

・高齢者専用賃貸住宅
メリィハウスが提案する高齢者専用賃貸住宅とは、居室やトイレなどの全ての生活空間が高齢者に優しいバリアフリー構造です。
同じ建物内にいる専任のスタッフが入居者様の生活サポートを行う介護面での安心、提携医療機関との連携により医療面での安心、「医療」「介護」「居住」の3つの面で、入居者様に安心を提供できる新しい「我が家」です。

(施設概要)
メリィハウス井口
所在地:広島市西区井口5丁目22-27
総戸数:40戸

メリィハウス庚午北町
所在地:広島市西区庚午北4丁目7-23
総戸数:54戸(1名室49室、2名室5室)

メリィハウス五日市コイン通り
所在地:広島市佐伯区五日市中央1丁目
総戸数:72戸(全室個室)

メリィハウス可部1丁目(平成23年春オープン予定)
所在地:広島市安佐北区可部1丁目
総戸数:98戸(全室個室)

お問い合わせ
電話:0800-888-6508(受付時間10:00~17:00土日祝日は除く)

・姜理事長独占インタビュー

━八千代グループの理念とコンセプトとは

姜理事長
当グループは、八千代病院の開設以来、「医療と介護は究極のサービス業」という考えの下、「おもてなしの心
を基本理念としてサービスを提供して参りました。
おかげさまで、八千代病院の病床数も511まで増床することができ、地域に根付いた病院としてたくさんの皆様にご利用いただいております。
そもそも、医療というのは権威的な部分が強い業界と言われますが、当グループの考え方は、それとは対極のところにあります。
当方が掲げるおもてなしの心とは、入院・通院や入所していただく患者様に気持よく利用していただくことが第一ということであり、権威的な部分を覆したと言っても過言ではございません。
特に、施設や設備のみならず、患者様と触れ合うスタッフの質を高めていくことが最も重要なポイントであり、スタッフ全員で、入居される方は勿論のこと、来訪者の皆様に対して“笑顔、声掛け、あいさつ”を徹底して実践し、おもてなしの心の維持に取り組んでいます。一番は、お客様に何をしたら喜んでいただけるかを考えて行動することが重要だと考えております。

━平成17年の有料老人ホーム「メリィハウス西風新都(480室)を皮切りに、平成19年には「メリィハウス八千代(320室)と相次いで大型有料老人ホームを開設していますが、有料老人ホーム事業進出のきっかけは

姜理事長
まず、八千代病院の入院率が、従来より98%以上というほぼ満床状態の高い水準で推移しており、入院まで待っていただく患者様が多いという背景がございました。また、「八千代町のみではなく、広島市内に病院施設を建設してくれないかとの声も多く聞かれ、当方としては何らかの方法で、サービスを提供し、需要に応えなければならないという使命感がありました。
ニーズに応えることが、“おもてなしの心”に繋がるという考えにより、有料老人ホーム事業へ進出した次第です。

━有料老人ホームメリィハウスの特徴は

姜理事長
最も自信を持っているのは、介護力という点です。
一般的な老人ホームは要介護度3までしか対応できない状況ですが、当方の「メリィハウス西風新都」においては、1階部分に医療施設「やちよクリニック」を設置することで、要介護度4~5までの方を受け入れる体制を整えています。老人ホームは“終の棲家”となる存在でありますが、残念ながら、そのような居場所になっていない施設も多く存在しているのが現状です。当方の施設は“終の棲家”になりえる存在として実践しています。

また、先に述べたとおり、スタッフ全員で“笑顔、声掛け、あいさつ”を徹底し、お客様に気持ちよく生活していただける環境を作る他、様々なレクリェーションなど催し物を行い、楽しんで生活していただくなど、ソフト面には絶対の自信を持っています。

もちろん、ハード面においても、専門の作業療法士等を設置することで、テーブルや手摺の高さなど細かな部分に配慮する他、施設においても、温泉や美容院、歯科など様々な設備を配置しており、おもてなしの心の理念
に沿った環境を整えております。

また、生活環境において最も重要なポイントととらえているのは、クリーン面です。専門のクリーンキーパーを雇用し、掃除は徹底して行い衛生面の維持に努める他、スタッフ一人一人が衛生面に対して意識を高く持って
います。つい先日も、施設内の衛生環境を気に入っていただき、入室に至ったお客様もいらっしゃるほどで、衛生面にも不備はないと自負しております。

━平成22年度より高齢者専用賃貸住宅事業に着手。
5月の庚午北(54室)を始めとして、9月に井口(40室)、11月に五日市コイン通り(72室)と立て続けにオープンしていますが、高齢者専用賃貸住宅事業への進出のきっかけは。

姜理事長
高齢化社会の深刻化が進む中で、未だ、ニーズに対して介護施設が足りていないのが現状です。そのような中、有料老人ホームに入室される顧客層以外にも応えていかなければならないとの考えから、高齢者専用賃貸住宅事業へ乗り出しました。
これにより、重度の患者様に加えて、軽度の方まで幅広く受け入れる体制を整えられたと考えております。

━高齢者専用賃貸住宅メリィハウスの特徴は

姜理事長
当方の高齢者専用賃貸住宅事業においては、“安心・安全・にぎやかし”をスローガンとして掲げています。安心・安全という部分は、まず医療と介護が背景にあることです。
“にぎやかし”という言葉ですが、高齢者専用施設というのは、まず一番に、楽しい施設でなければならないとの考えであり、レクリエーションをはじめ、メリィハウスにいけば友達ができるといったコミュニティを作る場所になることが重要という考え方です。
入居した方の生活が楽しくなければ、施設は何の意味も持ちません。
入居者同士の人間関係維持にも積極的に取り組み、対人関係面に配慮をしております。既に他の施設に入居されている方が、当施設に移られてくることも少なくありません。通常の高齢者専用賃貸住宅のみを取り扱う企業と一線を画している点は、医療と介護の背景によりグループ全体で賑やかな生活サポートを行うことができるというところです。

━質の良いサービスを提供するためには、良い人材を確保する必要があります。
人材育成の取組みについて聞かせてください。

姜理事長
当方のスローガンであるおもてなしの心を維持するためには、スタッフを大切にして、一人一人の質を常に高い状態に保つことが最も重要なポイントになります。当グループとしては、ヘルパー2級を取得できる「こころヘルパースクール」を併営しており、専従講師3名を配置し取り組んでいます。
当施設への就職後は、グループ内研修や随時 資格手当支給を行う他、社員旅行や懇親会などの福利厚生を充実させスタッフの意識を高めています。定着率は9割を超える水準で推移しておりまして、他社と比較すると定着性は高い状態を維持しています。
一度、当グループから離職したとしても、再度 戻ってくるスタッフも多いです。
社員満足度が高くなければ、良い看護・介護サービスを提供することはできないという考え方で取り組んでいます。

━介護業界の動向をどのようにとらえていますか

姜理事長
今後、高齢化は更に深刻化が進み、現在の室数では全く足りません。
高齢者専用賃貸住宅事業は有料老人ホームと同じ存在になっていくものと考えております。
これから行政も積極的に介入し、施設も相応に開設されていくと思いますが、無理に施設数を増やしたところで、良い施設を造ることができなければ、決して満室になることはありえません。良いサービスとは何なのかを介護事業者それぞれが真剣に考え、取り組む必要があると思います。

━今後の展望などについて聞かせてください。
姜理事長
現在、高齢者専用賃貸住宅事業で、顧客のニーズに応える形をとっていますが、今後も同事業を積極的に行っていく方針にあります。平成22年3月上旬には「メリィハウス相田」、同月下旬には「メリィハウス可部1丁目」がそれぞれオープンする予定となっており、これで、既に開設している施設及び準備段階の施設を含めて介護総室数は421室となります。
当グループとしては、リハビリ部門を強化し、将来的には介護総室数2,100室を視野に入れて展開しておりますので、今後も、高齢者専用賃貸住宅を増加させていく方針です。
他県に進出する予定はなく、今後も広島県に密着した事業展開を行っていきます。これは、目の届く範囲でなければ、高い水準の介護サービスを提供できないとの考え方からです。高齢者専用賃貸住宅事業というのは、
最低でも30年は続けていかなければならないものです。他県への進出など無理に業容拡大を図り、サービスが仮に低下したとするならば「メリィハウス」というブランドイメージも低下してしまいます。
これまで同様、入居される方々の笑顔を維持することが当グループの使命であり、地場密着型として、おもてなしの心を心掛け、社会貢献していく所存です。

インタビューを終えて
この度、姜 仁秀理事長へのインタビューを行い、同氏の医療・介護に対する熱い想いと、高齢化社会の深刻化に対応すべき強い使命感を感じた。
先で述べてきたとおり、八千代会は、「医療・介護は究極のサービス業」というスローガンを“おもてなしの心”で実践しており、筆者が取材で訪問した際も、全てのスタッフが仕事の手を止め、挨拶を行う程の徹底ぶり。
また、入居者も笑顔を絶やさず、楽しんで日々日常を過ごされているのが見て取れた。
施設内も、生活するに不自由しない多様な設備が備えられる他、階層によってインテリアや内装を変え、入居者が一目で何階にいるかを分かるようにするなど、細部に至るまで配慮している。
施設面からグループ理念に至るまで、通常の老人ホームとは一線を画す存在であり、八千代会の温かさと思いやりを提供することを心掛けている。
今後も、時代のニーズに対応すべく積極的に展開する八千代会の更なる飛躍に期待される。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース