HOME > 地域ニュース > 相次ぐ東日本大震災の被災者へ義援金の寄付 【マツダ、サタケ、アスティ、賀茂鶴酒造】

相次ぐ東日本大震災の被災者へ義援金の寄付 【マツダ、サタケ、アスティ、賀茂鶴酒造】


 広島県内の企業や個人から、東日本大震災の被災者へ義援金の寄付が相次いでいる。
 マツダ(株)(東証1部上場、広島県安芸郡)は、当面の対応として3,000万円を寄付、現地の状況ならびに要望を確認し、必要な物資の提供や人的支援などを行う。
 (株)サタケ(広島県東広島市)は、サタケグループ((株)サタケ、(株)東北佐竹製作所、佐竹鉄工(株)、佐竹電機(株)の4社)として1,500万円の義援金を、社会福祉法人中国新聞社会事業団(広島市中区)に寄付。代表の佐竹 利子氏が個人として1,000万円を同様に寄付した。
 創業60周年を迎えた(株)アスティ(広島市西区)などF&Aアクアホールディングスグループでも義援金として500万円を日本赤十字社へ寄付。グループ事業会社((株)エフ・ディ・シィ・プロダクツ、(株)アスティ、(株)三鈴、(株)アージュ)より衣料品等1万4,000点、4,000万円相当の支援物資を寄贈。また、(株)エフ・ディ・シィ・プロダクツおよび(株)アージュの直営店全店に募金箱も設置した。
 賀茂鶴酒造(株)は、義援金として2,000万円、社員・従業員で結成する賀茂鶴親和会として100万円を、社会福祉法人中国新聞社会事業団に寄付した。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース