HOME > 地域ニュース > マツダ(株)~株価3日続伸、格上げ評価に安心感

マツダ(株)~株価3日続伸、格上げ評価に安心感


 マツダ(株)(東証1部上場、広島県安芸郡、http://www.mazda.co.jp/)が買い先行。為替相場の円安反転を受けて、強い動きが目立っている。相対的に円高の影響が大きい銘柄と位置づけられており、足元の為替動向にはより安心感が強まっている。
 折からマツダ株には目標株価引き上げが相次いでおり、ドイツ証券が220円から235円に、三菱UFJ証券が200円から250円に引き上げ。米系証券も210円から280円に引き上げたようである。米系証券筋は、「買うタイミングが早くなる可能性が出てきた」「短期でのリバウンド期待が大きい」などとし、レーティングを「中立」から「買い」に格上げ。本日17日はシティが同社の投資判断を「2M」から「1M」に格上げ、目標株価を280円としている。
 来年前半からスタートする次世代技術の実用化によって、収益構造の大転換が期待でき、こうした流れを先取るような長期投資として推奨としているようである。

 なお、米フォード・モーターが進めていたマツダ株の売却交渉について、三井住友銀行や住友商事、伊藤忠商事、鹿島など10社前後が引き受けることで、大筋合意したとも伝えられている。


▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース