HOME > スタッフブログ > “雪降って地固まる” 恒例行事で東経広島 辰年スタート!

“雪降って地固まる” 恒例行事で東経広島 辰年スタート!


 昨日 仕事始めで、恒例となっている広島支社全員揃っての初詣に行って参りました。昨年同様、地元西区の三輪明神広島分祀です。
 昨年も書きましたが、三輪明神大神神社は、日本最古の神社として知られており、広島分祠は奈良県桜井市の三輪山御鎮座の三輪明神大神神社より御霊を分祀ていただいた神社です。
 西区の高台に位置し、展望絶景の立地なのですが、今年は雪。でも、途中からはビックリ青天となりました。“雪降って地固まる?”良い一年のスタートとなりました。
 今年の干支の辰(龍)は、「人間の正義感と信頼感を向上させる」ということで、縁起の良い年です。昇り竜の如く東京経済 広島支社、今年も頑張ります!


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース