HOME > 倒産情報 > 【島根地区倒産情報】 (有)シール・ショップまつえ ~ 破産手続開始決定および債権者判明

【島根地区倒産情報】 (有)シール・ショップまつえ ~ 破産手続開始決定および債権者判明


 当社[島根県松江市東長江町902-58,シール印刷,岡田 靖史代表]は、平成24年2月17日に松江地裁に破産手続開始申立を行い、同日付で同手続開始決定を受けた。

 当社は、昭和53年創業、54年5月に法人化された印刷会社。特に工業用ラベルにおいては、企画、デザインから製作まで一貫して行っていた。鳥取市から島根県浜田市までを営業エリアとし、食品や化成品卸業者など550社にのぼる販路を確立。平成10年には、現在地に本社工場を移転するなど事業は拡大され、最盛期には3億円の売上を計上していた。

 しかし、近年では加速度的な需要低下により平成23年4年期は1億円にまで減収し、4期連続営業欠損。創業者死去による営業力の低下も否めず、厳しい資金運営が続いていた。申立書に基づく債権者など詳細については、2月22日付け特別情報広島版、近日郵送の東経情報中国版にて。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース