HOME > スタッフブログ > 祈心こそ天に通ず

祈心こそ天に通ず


今日は広島市民にとって特別な日。この日この文章を書き記す。 

歴史的悲劇から目をそむけないために、
犠牲者の霊を慰め、世界平和を祈る。
原爆慰霊の端的な言葉などというものはこの世にあり得ない。
あるのは被爆という『事実』だけ。
原爆の日とは本来、被爆の事実を静かに見つめる日であろう。
   
多くの言葉を書き連ねる必要はない。
二度と悲劇が繰り返されることがないよう心から祈りを捧げる。

東京経済(株)広島支社  支社長 勝目一広 他支社員一同


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース