HOME > 地域ニュース > BOND アサヒビールに簡単番組制作システム納入へ

BOND アサヒビールに簡単番組制作システム納入へ


6月18日、㈲BOND(北九州市小倉北区 古川ひろみ社長)は、アサヒビール㈱に「スマートアバタークリエイトVer4.0」(アサヒビール用カスタマイズ版)を7月末に納入する事を発表した。※左の画像は、利用法の一例で、アサヒビールの番組とは異なります。

「スマートアバタークリエイト」は、音声・テキストを入力するだけで、人口知能をもったスマートアバター(賢い化身)が番組を自動演出し、パソコンやスマートフォンなどで簡単に映像番組を制作することを可能としており、万人が簡単に番組を制作できるシステムといった特色を持つ。(入力されたテキストは、人の声に近い日立ビジネスソリューション㈱の音声合成エンジンで発音される)

BONDの古川社長によると「このシステムを使い、アサヒビールの全国の工場見学でのPR活用やホームページでの運用をして頂く予定。各地の工場では、ビール生産の仕組み等の他、地域ごとの季節の移ろいや楽しいイベントの様子等の番組制作を行っていかれると思います。」と話す。

同社は、アニメ大国である日本の特色を活かしながら万人が関われる情報制作と配信のスマートを目指すため、組み込み可能な開発キットを提供する等「人口知能+映像育成プログラム+ICT技術」の先端開発を努力していくという。

BONDホームページ>>>


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース