HOME > 地域ニュース > 関門海峡花火大会開催へ、お勧めは音楽花火が楽しめる桟敷席

関門海峡花火大会開催へ、お勧めは音楽花火が楽しめる桟敷席


1hanabi「第25回関門海峡花火大会」が8月13日(月)に門司区西海岸(門司側)にて開催される。時間は19時50分~20時40分まで。※雨天決行、荒天中止。

この花火大会は、企業等の協賛、地域の方の協力、ボランティアで毎回開催、関門海峡上の台船の上から花火が打ち上げられ、門司側・下関側の合わせて約13,000発の花火が打ち上げられ、同海峡が華やかな花火で覆い尽くされる。

海峡花火大会実行員会門司実行副委員長の宮田親志さんは、「桟敷席(特別協賛席)がおすすめです。有料になりますが、音楽花火を楽しんで頂けるうえ、最も近くから花火を見る事が出来ます」と話す。

昨年の音楽花火はソフトバンクホークスの応援歌等が用意されたが、今年はホークス応援歌の他、ギラヴァンツ北九州等の音楽花火も打ち上げられるという。

「当日は、大変混み合みあいます。小さなお子様、お年を召された方は、時間に余裕をもってお越し下さい。駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。」と宮田さんは付けくわえた。

詳しくはこちらを>>>


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース