HOME > 倒産情報 > 小倉の人気中華料理店「恋善」が事業停止

小倉の人気中華料理店「恋善」が事業停止


小倉北区中井で中華料理店を経営する㈲恋善(れんぜん 本店 小倉北区黒原2丁目)が、弁護士に事後処理を依頼し破産手続申立準備に入っている事が判明した。(写真は、中井店)

かつては、小倉の中心部に程近い、三萩野交差点付近に店舗を構えていたが火災により、近郊の都市高速沿線のマンション1階に店舗を移転。平成20年6月には中井店をオープンし2店舗体制としたが、平成22年6月に黄金店(小倉北区黄金)を閉店し中井店のみの店舗展開となっていた。中井店は1ヶ月程前に「都合により本日臨時休業」と記された張り紙がなされ、以後、休業状態となっていた。

小倉の人気中華料理店のひとつにもあげられる評判の店であっただけに、事業停止を惜しむ声も多々聞かれる。 ※詳細記事は、1月11日発刊の東経情報九州版に掲載


▶︎ 関連記事