HOME > インタビュー > 新年のご挨拶 北九州銀行 加藤敏雄頭取

新年のご挨拶 北九州銀行 加藤敏雄頭取


九0101-挨拶㈱北九州銀行頭取画像◇東経情報新年特集号より 新年のご挨拶 北九州銀行 加藤敏雄頭取

謹んで新春のお慶びを申し上げます。旧年中は、ひとかたならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと、一昨年12 月に安倍政権が発足して以降、日銀によるインフレターゲットを導入した異次元金融緩和やこれに伴う円安の進行、果敢な財政出動、TPPへの参加表明等、政治主導による経済環境の劇的な変化がスタートした年でありました。このような中、国内経済においては、輸出産業を中心に上場企業の業績は回復し、税収の増加につながるなど、いわゆるアベノミクス効果が徐々に成果を上げつつあると感じております。

しかしながら、私たちの主要なお取引先である地元中小企業の業績については、一部業種を除き大企業ほど顕著な改善は見られず、前向きな設備投資等の資金需要に結びついていないというのが実感です。また、景気回復のキーポイントとなる賃金の上昇は明確なトレンドとはなっておらず、個人消費の底上げに繋がるまでには至っておりません。今後の様々な経済政策により、景気が本格回復に転じていくことを念じております。こうした中、私ども北九州銀行は、おかげさまで3 回目の新年を迎えることができました。この間、当行におきましては、着実に業容の拡大と営業基盤の整備を進めることができましたことは、皆様方のご支援、ご協力の賜物であり、誠に深謝申し上げます。

新年にあたり、毎年地域の皆様とともに発展していくことを願っておりますが、今年は、将来の成長に向けて、特に大切な一年であると考えております。こうした不安の多い時代であるからこそ、地元に根ざした金融機関として、変化を敏感に読み取り、お客様のニーズをきめ細かく汲み取って、お客様と一緒に問題の解決に取り組んでいきたいと思っております。

お客様から「北九州銀行ができて本当によかった」と思って頂けることを第一に、店舗ネットワークの更なる充実を図るとともに、より質の高い総合金融サービスをご提供し、地域経済の発展・活性化に貢献してまいります。

最後に、本年が皆様方にとって素晴らしい1 年でありますよう、心よりお祈り申し上げますとともに、今後とも北九州銀行をお引き立て賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース