HOME > 倒産情報 > 酒類卸の大津屋 破産手続開始決定 負債8億4,791万円

酒類卸の大津屋 破産手続開始決定 負債8億4,791万円


news6月6日までに事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入っていた酒類卸の㈱大津屋(福岡県嘉穂郡桂川町)は、9月17日、破産手続開始決定を受けた。

明治32年創業の老舗。かつては安定した経営基盤を形成していたが、酒類小売免許の規制緩和の影響で販売先の小売店の経営が悪化した事や競合激化で減収を余儀なくされ経営が悪化していた。

※東経情報九州版 平成26年6月13日号「破産申立準備」で既報。

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース