HOME > インタビュー > 経営者の家族関係と会社 離婚事案から見えてくるもの

経営者の家族関係と会社 離婚事案から見えてくるもの


takamura「全国の離婚件数は23万1383件(平成25年)。ピークの2000年代前半に比べると件数は減少していますが、婚姻件数の66万613件に対比すると3組に1組は離婚するという今も大離婚時代であることは変わりないようです。離婚が多いのは会社経営者や個人事業主も同じ。経営者には経営者特有の問題もあります。経営者の離婚について気をつけたいポイントを解説します。」と話すのは、族問題を中心に許認可関係や企業コンサルティングなど幅広い分野で活動中の高村英子行政書士(北九州市戸畑区)。

実際にあった経営者の離婚事例をあげ、家族の関係が会社の経営に影響しなようにはどうしたらいいか等、解説してもらった。

◇記事全文は、 東経情報九州版12月15日号  高村先生のレッスン講座 「経営者の家族関係と会社 離婚事案から見えてくるもの」 に掲載しております。

高村行政書士事務所ホームページ


▶︎ 関連記事