HOME > 地域ニュース > ゼムケンサービス 内閣府「女性が輝く先進企業」受賞

ゼムケンサービス 内閣府「女性が輝く先進企業」受賞


賞状授与ゼムケンサービス(北九州市小倉北区片野 籠田淳子社長)は、このほど内閣府が選定した第1回「女性が輝く先進企業」を受賞。1月9日総理官邸にて表彰式が行われた。

この表彰は、女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、役員・管理職への女性の登用に関して顕著な功績があった企業に対して、内閣総理大臣賞又は内閣府特命担当大臣賞を授与し、もって「女性が輝く社会」の実現に資することを目的として今年度から実施するもの。

同社は、日本商工会議所から推薦を受け、建設業という従来女性の活躍が少なかった業界において、女性の視点を打ち出したJKDT(女性建築デザインチーム)を結成。ワークシェアリングなど、女性が働きやすい取り組みを進め、かつ経営者自らが、熱意を持って、積極的な対外発信に取り組んでいることが評価された。

SH3K4457 内閣総理大臣賞には、セブン&アイ・ホールディングス(東京都)、北都銀行(秋田県)。内閣府特命担当大臣賞には、ゼムケンサービスの他、カルビー(東京都)、資生堂(東京都)、日産自動車(神奈川県)、LIXILグループ(東京都)が受賞した。※画像は、受賞各社。有村治子内閣府特命担当大臣と共に 右が籠田淳子社長。

安倍総理は、「受賞された皆様は女性の登用、能力開発、情報開示などで積極的な取り組みをされています。日本としても生産人口が減少して中において、しっかりと豊かさを維持していくためには女性の活躍が不可欠です。各企業にとっても女性に活躍してもらうことによって業績は間違いなく上がっていくことにつながっていくのだろうと」と挨拶した。

ゼムケンサービス籠田代表は、「名だたる超一流企業様に肩を並べての受賞に本当に感慨無量です。私たちの目標は、亡き先代と亡き夫の魂と今私に繋がっている沢山の輝く女性男性と共に建設業を活性化していくことにあります。そして皆様のご指導ご支援のおかげで私があります」と述べている。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース