HOME > 地域ニュース > ニシオ工販 飯塚市鯰田工業団地に新工場・本社完成

ニシオ工販 飯塚市鯰田工業団地に新工場・本社完成


001 空撮縮小金属屋根・壁材の製造販売のニシオ工販㈱(福岡県嘉麻市上臼井 西尾康雄社長)は、1年前に着工していた新工場・本社事務所がこのほど竣工した。

新工場・本社事務所は国道200号バイパス及び国道201号に近接する飯塚市鯰田工業団地内に建設。

敷地面積は1万5,000坪、延べ床面積5,000坪(中二階あり)に及び、現工場(嘉麻市)の数倍の規模となっている。

005 外観南東面夜景縮小夜間(23時まで)にはライトアップされており、国道200号バイパスからは、新工場の事務所棟の上部に表示されている「ニシオ工販」の文字が鮮やかに見える。

鯰田工業団地は飯塚市が25億円をかけて造成、総面積42ヘクタールに及ぶ。平成22年に分譲開始、現在、㈱タイセイプラス(愛知県、自動車部品製造)及び中山福㈱(大阪市、家庭用品卸、東証1部)が営業中。さらにジャパンパイル㈱(東京都、コンクリート杭製造、東証1部)と共栄フード㈱(東京都、パン粉製造)が、新工場を建設中。

同社はそうした県外の大手企業が進出した同工業団地の中では唯一の地元企業。相応の規模と業績・内容が飯塚市をはじめとする当局から評価されたうえ、後継者も含めた長期的な視点から今回の新工場建設に至った。

新工場には今後設備機械を搬入し、事務所の移転も行い、5月7日(木)より業務を開始する。現在の本社・工場(嘉麻市)は賃貸する予定。

◇新工場・本社事務所

福岡県飯塚市鯰田149番地(鯰田工業団地内)

TEL0948-26-5898


▶︎ 関連記事