HOME > スタッフブログ > ボランティアの団結と協賛金で支える・関門海峡花火大会

ボランティアの団結と協賛金で支える・関門海峡花火大会


関門海峡花火大会「海峡ファンタジー」北九州の夏の風物詩としてすっかり定着した・関門海峡花火大会。海峡を彩る1万3,000発の花火を門司・下関の両側から眺められる。まさに「真夏の夜の夢」だ。実は、この大イベント、実行委員会メンバーと多くのボランティアの活躍、そして協賛金で賄われている。※画像は、第27回関門海峡花火大会フォトコンテスト 会長賞「海峡ファンタジー」 夏川文高氏撮影

決して楽ではないイベント運営に、なぜ注力し続けているのか。関門海峡花火大会実行委員会門司に訪問し、その裏舞台を取材してみた。

※記事全文は、東経ビジネス2015春号の特集企画「北九州の活性化を担う企業群」に掲載。

東経ビジネスは、九州の主要書店と amazon(アマゾン) でも購入頂けます。>>> amazonは、4月28日より

税込500円。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース