HOME > 地域ニュース > シャボン玉石けん 創業105周年記念式典開催

シャボン玉石けん 創業105周年記念式典開催


シャボン玉105周年5月19日、シャボン玉石けん㈱(北九州市若松区 森田隼人社長)の創業105周年記念式典が開催された。

午後からの3グループに分けた工場見学会では、石けんの製造現場を直接見ることにより、如何に無添加石けんが環境や身体に優しいなどを実感できる内容であった。

17時からは、リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区)にて記念レセプションが行われ、取引先等約350人が出席した。※写真は、鏡開きのようす

森田社長は「湿疹に悩まされていた先代・森田光が、合成洗剤が如何に身体に悪いかという事を思い知り、41年前に合成洗剤の製造を止め、無添加石けんの製造に切り替えました。17年間赤字が続くという事態により当時、会社の経営が悪化しましたが、身体に環境に優しい無添加石けんを世の中に広めたいという先代の強い信念と皆様方のご協力やご支援で会社を支える事が出来たと思います。そして、先代が随筆した自然流せっけん読本という本の出版で、多くの方に無添加石けんの良さを知って頂けるようになり、業績向上のターニングポイントとなりました。」などと挨拶した。

福岡県の小川知事、北九州市の北橋市長、㈱あらた(東証一部)の畑中社長、ナグモクリニックの南雲総院長が来賓祝辞を述べ、北橋市長は「市が優れた技術、サービス等を提供する企業として認定するオンリーワン企業の1社で、市のいわゆる看板企業でもある」などと祝辞を述べ、南雲総院長は「世の中で最も早く、無添加石けんの製造に着手した先代の勇気に敬意を表したい」などと挨拶した。

※シャボン玉せっけん ホームページ>>>

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース