HOME > 倒産情報 > 企業倒産増加の兆候か?

企業倒産増加の兆候か?


小倉市街2015年5月(平成27年5月)の北九州地区企業倒産(1000万円以上 筑豊地区含む)は、件数10件、負債総額14億8,900万円。件数は、前年同月、前月比供にを上回り、2ヶ月連続で二桁台。1月からの5ヶ月間の累計は41件で、前年5ヶ月間累計の1.5倍。今年5間の累計で、既に前年半年間の33件を2割上回る水準となっている。

負債総額は中規模クラスの破綻が2件発生、大型倒産が発生した前月からは減少したが、前年同月比では2ヶ月連続の増加となった。

5月単月での業種別は、製造、卸売が3件で最多業種。2ヶ月連続で建設業以外の業種が最多業種となった。

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース