HOME > 地域ニュース > ハローパーク大手町、ハローデイ、しまむら等出店へ

ハローパーク大手町、ハローデイ、しまむら等出店へ


ハローパーク大手町建設地北九州市小倉北区大手町の上村紙業大手町工場跡地に、物販店舗の「ハローパーク大手町」(仮称)が建設されるが、同施設の建築主の食品スーパーの㈱ハローデイの他、衣料品チェーンストの㈱しまむら、100円ショップの㈱セリア、ドラッグストアの㈱サンキュードラッグが出店する事が明らかになった。※画像は、ハローパーク建設地

北九州市への大規模小売店舗立地法に基づく新設届けによると、店舗の新設日は来年2月9日。店舗面積4,243㎡。駐車場180台。

スピナガーデン建設地の斜め前には、食品スーパーのスピナマート、ドラッグストアのマツモトキヨシ等が出店している複合商業施設「スピナガーデン」(敷地面積11,600㎡、店舗面積5,775㎡、駐車場 260台 平成19年10月オープン)、近隣にはDVD・CDレンタルのゲオや100円ショップのセリア等が入店している複合商業施設のマックスバリュ小倉原町店(敷地面積6,050㎡、商業施設面積2,770平方メートル 駐車場75台 平成25年12月オープン)の2ヶ所の商業施設が営業している。※画像は、スピナガーデン大手町

「ハローパーク大手町」(仮称)、「スピナガーデン大手町」、「マックスバリュ小倉原町店」は徒歩圏内の距離にあり、が営業する事になり、「ハローパーク大手町」(仮称)オープンする事で、同地域は今以上の流通激戦区となる様相だ。

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース