HOME > スタッフブログ > 認知症へ理解と支援を「映画と講座」企画

認知症へ理解と支援を「映画と講座」企画


映画ポスターいま北九州市では、4人に1人が高齢者、そのうちの8人に1人が認知症を発症していると推定されている。そこで、より多くの市民に認知症への理解と支援の輪をさらに広げるために、 九州シネマ・ポートは「認知症サポーター養成講座」(北九州社会福祉協議会協力)と、ドキュメンタリー映画「僕がジョンと呼ばれるまで」の上映を実施する。

(あらずじ) カメラが入ったのは、米国の高齢者介護施設。そこで暮らす認知症のエブリン(93歳、女性)に、スタッフのジョンが問いかける「僕の名前を知っていますか?」。なかなか返事が返ってこないが、ある取組でエブリンに変化が・・・。 ©2013仙台放送 2013年、仙台放送によって製作・劇場公開され、北九州市内初登場作品となる(82分)。この認知症対策の「映画と講座」企画は、北九州市や北九州市社会福祉協議会などの後援を得て開催される。

<開催要項>

3月16日(水)=ウェルとばた中ホール=

映画①14:30~16:00

3月19日(土)=男女共同参画センター・ムーブ=

映画①11:00~12:30②14:30~16:00

「認知症サポーター養成講座」(無料)13:00~14:00

  • 講座(無料)の受講だけでの参加も可能です。受付で「講座のみ参加」とお伝えください。 ●映画前売券発売中!大人1,000円<当日1,500円>、高校・中学・小学生800円<当日券のみ) ●前売券取扱所=北九州ソレイユホール、井筒屋小倉店・黒崎店、ウェルとばた ●事前申し込み受付中(大人1,000円で入場できます)。会場受付で名前をご提示ください。 お申し込みは①氏名②参加の日時を明示し、FAX092-771-7422、E-mail:eiga@kyusyukyodo.co.jp(井上)まで。主催/九州シネマ・ポート 協力/九州共同映画社

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース