HOME > 地域ニュース > 北九州銀行、マンションデベロッパーのタイヘイの私募債受託

北九州銀行、マンションデベロッパーのタイヘイの私募債受託


北九州銀行本店3月28日、北九州銀行(加藤敏雄頭取)は、マンション分譲業者の㈱タイヘイ(北九州市小倉北区 伊藤俊樹社長)が発行する「北九州銀行保証付私募債」受託した。発行額は3億円で期間は3年間。

㈱タイヘイは、北九州地区及び近郊地区で「サンライフシリーズ」のマンション分譲を手掛ける泰平建設㈱(北九州市小倉北区 伊藤俊樹社長)の関連会社で、福岡市及び近郊を中心に「サングレートシリーズ」のマンション分譲を主力に賃貸ビル・マンション経営も手掛けている。

「北九州銀行保証付私募債」は、一定の財務条件を満たした企業が無担保で発行する社債で、その元利金支払を北九州銀行が保証するもの。

発行企業は固定金利での長期安定資金の調達が可能となる他、財務内容の健全性や成長性等を社内外にアピールできるメリットがある。


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース