HOME > 地域ニュース > 第一交通とALSOKの「見守り事業」徘徊対策等に期待

第一交通とALSOKの「見守り事業」徘徊対策等に期待


第一交通 ALSOK4第一交通産業㈱(北九州市 田中亮一郎社長)とALSOK(東京都 青山幸恭社長)は、共同で地域のボランティアとして「位置情報提供システム」を利用した位置情報の提供を8月から北九州市において開始する。

両社間で締結する「高齢者・子どもの見守りに関する包括提携協定書」に基づき「見守り事業」の業務の拡大に取組む方針。地域のボランティアとして来年7月までの1年間を予定している。

ALSOK(綜合警備保障㈱)は、今年4月に、BLEタグとスマートフォン等との通信を利用した「位置情報提供システム」を開発。そのBLEタグ100個(最大300個)を配布し、スマートフォン等にインストールした専用アプリで位置情報を把握する事で、見守り事業を展開して行く。アプリインストール者は、ALSOK、第一交通産業の社員、グループ会社社員、家族等を対象とし、北九州市(当初は地域限定)を見守りエリアとしてスタートする。

高齢者社会を向かえ、特に認知症患者の行方不明や事故の増加が深刻な問題となってきており、家族だけで高齢者を見守り続ける事が困難なケースも生じており、「見守り事業」が徘徊対策の解決に有効な手段になるものと期待される。

 

 

 


▶︎ 関連記事

▶︎ 注目のニュース

▶︎ 最新ニュース